Laravel サーバサイド

[入門者向け]5分でわかるLaravelのマイグレーションを使ってテーブル作成をする方法

どうも、シローです。

普段はサーバサイドとフロントサイドの開発をしております。

今回はLaravelのマイグレーションを使ってテーブル作成をする方法をご紹介します。

この記事の対象者

  • Laravelを触り始めた人
  • マイグレーションを使ってテーブルを作成したい人

マイグレーションファイルの作成

マイグレーションファイルはArtisanコマンドを使って作成できます。

例えば次のコマンドを実行します。

{作成時のタイムスタンプ}_create_boards.phpapp/database/migrationsディレクトリに作成されます。

マイグレーションの実行

作成されたマイグレーションの中身は次のようにしてみます。

次のコマンドを実行します。

これでデータベースにboardsが作成されます。

エラーが出る場合はデータベースへの接続情報が間違っている可能性があるので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。(https://shiro-secret-base.com/laravel-db-setting-confirm/)

実行したマイグレーションを元に戻したい場合

作成したテーブル情報が間違っていて元に戻したい場合は、rollbackをつけて実行することで元に戻すことができます。

具体的にはマイグレーションファイルのdownメソッドを実行することになります。(マイグレーションで実行するのはupメソッド)

ただし、このコマンドはローカルで開発している途中で元に戻したい場合のみの使用を推奨します。

チーム開発などで他の人が実装したマイグレーションファイルをこの方法で修正して上書きすると環境が壊れてしますので、テーブル定義を変更する新規のマイグレーションファイルを作成するのがセオリーとなっています。

まとめ

  • マイグレーションファイルはphp artisan make:migration {ファイル名}で作成できる
  • マイグレーションファイルはupメソッドにマイグレーションを実行するときの中身を、downメソッドにマイグレーションを元に戻すときの中身を記述する
  • マイグレーションの実行はphp artisan migrate、元に戻したい場合はphp artisan migrate:rollbackを実行する。(元に戻すのはローカルで開発中の時のみを推奨)

-Laravel, サーバサイド

© 2024 Shiro's secret base