Laravel プログラミング サーバサイド

[入門者向け]Laravelでコントローラを作成してビューを表示させる方法

どうも、シローです。

普段はサーバサイドやフロントサイドの開発をしております。

今回はLaravelでコントローラにアクセスしてBladeテンプレートで作成されたビューを表示する方法をご紹介します。

この記事の対象者

  • Laravelの学習を始めた方
  • LaravelでBladeテンプレートで作成したビューを表示させたい方

事前準備

Laravelの環境を構築する必要があります。

Laravel SailでLaravelが動くDocker環境を構築する手順はこちらの記事を参照ください。(https://shiro-secret-base.com/mac-laravel-sail/)

この記事ではLaravel Sailで構築した前提で解説を進めます。

コントローラを作成する

まずはプロジェクトのディレクトリに入り、Laravelが動いているコンテナに次のコマンドで入ります。

コンテナ内に入り、次のコマンドでコントローラファイルを作成します。

コマンドの実行後、「HelloController」という名前のコントローラが作成されます。

このファイルはapp/Http/Controllersフォルダに作成されます。

ビューを作成する

次にコントローラから表示するビューを作成します。

app/resources/views/helloディレクトリを作成し、その下にindex.blade.phpを作成します。

index.blade.phpの中身は次のようにします。

ルーティングを作成する

次にルーティングを作成します。

app/routes/web.phpに次を記述します。

これで、http://localhost/helloにアクセスするとHelloControllerindex関数が実行されます。

コントローラからビューファイルを読み出す

最後にHelloControllerを次のように記述します。

これでhttp://localhost/helloにアクセスすると作成したビューが表示されます。

まとめ

  • コントローラはphp artisan make:controler コントローラファイル名で作成できる
  • ビューファイルはapp/resources/viewディレクトリ配下に作成する必要がある
  • ルーティング -> コントローラ -> ビューの順番にアクセスをすることでビューファイルを表示できる

-Laravel, プログラミング, サーバサイド

© 2024 Shiro's secret base