未分類

DeepLをvimで使うことができるようなので試してみた

どうも、シローです。

僕はエディターでvimを使っているのですが、どうやら翻訳サービスのDeepL(https://www.deepl.com/translator)のプラグインがあるようなので試してみようと思います。

プラグイン導入

今回試すのはこちらのプラグイン(https://github.com/ryicoh/deepl.vim)です。

導入は自分はPluginを使っているので~/.vimrcファイルに以下を記入してコマンドでPluginInstallと実行すれば完了しました。

設定にはREADME.mdには以下の例が書いてありました

APIの利用をDeepLの方で申請して、その認証キーを取得する必要があるみたいでした。

DeepLのAPI登録

無料でも使えるのですが、月に500,000文字までという制限がありました。

今回はお試しなので、フリープランにします。

当然ながら、個人情報とクレカの登録も必要でした。

利用規約を確認すると、どうやら文字数制限を超えたらエラーを返すみたいです。料金を追加で請求とかはないので安心しましたw

The API and Free API are designed to translate at least 600 characters per minute and per Customer; exceeding use may be limited, and Customers may encounter a 429 “Too Many Requests” error message, as described in the documentation.

認証キーを取得しました!早速使ってみます

ざっくりとした使い方

ビジュアルモード(v)で翻訳したい範囲を指定して

  • tCtrl + eのキーを入力すると英訳
  • tCtrl + jのキーを入力すると和訳

 

使ってみた感想

気になった箇所は

  • 改行は維持してくれない
  • 日本語 => 英語 => 日本語 と翻訳したら、元の文とは異なる

くらいで、

ドキュメントの和訳、英訳などでは十分役に立ちそうだった

 

まとめ

  • vimでDeepLを使うプラグインがある
  • 利用にはDeepLでAPIキーを取得するためにアカウント登録が必要
  • 選択した範囲を和訳・英訳できる

-未分類

© 2024 Shiro's secret base