[Nginx] gzipディレクティブで重いファイルを圧縮してレスポンスを軽くする

どーも、シローです。

Nginxにはレスポンスで返すファイルを圧縮して返すのをgzipディレクティブを使えばできるっぽいなので、今回はそれを使ってどれくらい速度が上がるのか検証したい。(その前にこのサイトのレスポンスを早くしろよwとか言ってはだめ)

環境

OS Ubuntu 18.04.4 LTS
nginx nginx/1.14.0 (Ubuntu)

gzipディレクティブについて

容量の大きいファイルをブラウザで開くとサーバからダウンロードするために時間がかかってしまい、レスポンスの低下の原因になったりする。

最近だと、css、javascriptも一つのファイルに結合したりするので場合によってはMB単位の通信もあったりなかったり。。

そんなときに、サーバでファイルを圧縮してサイズを小さいものを送信するための機能としてNginxではgzipディレクティブが用意されている。

 

gzipディレクティブ

コンテキスト http, server, location, location中のif
説明 gzip圧縮を有効/無効にする
デフォルト値 false

では早速試してみたい。

検証

gzipの記述例のサンプルはこうだ

追加で色々なディレクティブが出てきたんで都度解説を入れたい

gzip_typesディレクティブ

圧縮したいファイルタイプを指定するために必須

コンテキスト http, server, location
説明 gzip圧縮対象のMIMEタイプを指定する
デフォルト値 text/html

gzip_min_lengthディレクティブ

デフォルトだと20Byte以上だと必ず圧縮するんだけど、圧縮対象範囲を狭めたほうがサーバで圧縮するためのCPU負荷を減らせるのでまあまあ必須

コンテキスト http, server, location
説明 gzip圧縮対象となるファイルの最小サイズを指定する
デフォルト値 20

gzip_disableディレクティブ

なんかIEだとgzip圧縮したファイルをブラウザで回答してくれなかったりするみたいなので必須(IEほんまk…)

ちなみに”msie6“は正規表現の”MSIE[4-6]\.($!.*SV1)”を表すらしいのでこれも多分テストに出る

コンテキスト http, server, location
説明 gzip圧縮を無効にするユーザエージェントのパターンを指定する
デフォルト値 なし

 

変更前

curlコマンドで確かめることができる

変更後

curlコマンド

一番したを見てみると“Content-Encodhing: gzip”と表示されているぞ、どうやら圧縮はされているっぽいな

ブラウザでもファイルサイズは(2KB -> 1.07KB)と小さくなっていた(画像めんどくてすまん

と、とりあえず圧縮はできてレスポンスは早くなるんじゃないかな

はい、検証終了!

まとめ

  • ファイルサイズが大きいファイルを送信する場合、Nginxではgzipを使えばファイルを圧縮してブラウザに返すので通信不可が軽減できる
  • gzipディレクティブにはgzip_types,gzip_min_length,gzip_disableなど色々必須の設定項目がある

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です