LaravelのMiddlewareのまとめ

ミドルウェアとは

laravelでの”ミドルウェア”はhttpアクセスをサーバが受け取った際に、中間に入ってフィルタリングなどをする仕組みである。

例として、ログイン後の画面のアクセス権限があるかを判別して場合によってはリダイレクトさせるために利用される。

 

Laravelのミドルウェアの設定まとめ

  • “php artisan make:middleware クラス名”:app/Http/Middleware/にクラスファイルが生成される
  • “app/Http/Kernel.php”:ミドルウェアを設定する
  • “routes/web.php”:アクセス時にどのミドルウェアを使うか指定する

ミドルウェアの設定例

$requestでhttpリクエストを受け取って、そのヘッダー情報やクエリー情報を受け取って色々するなりできる。

次のミドルウェアやコントローラに繋げるには$nextクロージャを使う

ミドルウェアの登録例

全てのリクエストに挟んだり、グループ毎に分けたり、特定のミドルウェアのみを間に挟むことも可能である。

ルーティングの設定例

ルーティング以外にもコントローラでもmiddlewareを使うこともできるらしい

参考

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です